ウルトラブック

こんにちは。アルバイトの佐々木です。

今日はウルトラブックについて書きたいと思います。

wikipediaでウルトラブックを調べますと、以下のような定義が出てきます。

  • プロセッサは第2世代以降の Core i シリーズプロセッサ(Sandy Bridge、Ivy Bridge および Haswell)を搭載。
  • 高さは14型以上の場合は21mm以下、14型未満の場合は18mm以下。基本的に、ポータブル光学ドライブは別売りである。
  • バッテリー駆動時間は5時間以上。8時間以上が奨励されている。
  • 入出力には Wi-Fi 機能のみが必須とされている。アイビー・ブリッジ世代以降はこれに加えて USB 3.0 への対応も必須とされる。
  • ラピッド・スタート・テクノロジー等の搭載によるハイバネーション状態からの7秒以内の復帰の実現。

要は軽くて、薄くて、処理性能も高いというノートパソコンですね。

値段は10万円程度のものがほとんどです。同性能の普通のパソコンより少し高いくらいでしょうか。

記録媒体としてHDDではなくSSDが使われているものが多いのも特徴の一つですね。

SSDは容量はHDDより少ないものの、HDDよりも高速な読み書きが可能です。

というように良いことずくしの様にも見えますが、光学ドライブがない、ポートが少ないなどのデメリットもあります。

しかし、軽さとバッテリー、処理性能等を考えると持ち運びもOKで自宅での常用もOKということで、現在ノートパソコンの購入を考えている方、特に持ち運びが多い方には結構良いのではないかと思います。最近パソコンを持ち歩く機会が多いので私も欲しいです!

関連記事:


    P5170257

    今日から「パソコンなんでも相談所」でアルバイトをはじめました大澤です。 至らない点も多いと思いますが、どうぞよろしくお願…


    フォーラム情報アカデミー1年の田中です。 私は、授業の一環としてネットウェブさんで企業実習をしています。 明るく楽しい職…


    b2

    調子が悪いと持ってこられたお客様のパソコン。 メモリ、ハードディスク等を交換しても症状が改善されず、CPUの上に乗ってい…

コメントは受け付けていません。