クリップボードユーティリティってご存知ですか?

クリップボードとは、「コピー」または「切り取り」した文字や画像を一時的に保存しておく領域のことです。

そのクリップボードの機能を拡張するソフトがクリップボードユーティリティです。

通常クリップボードに保存しておける文字や画像は1種類のみで、PCの電源を落とすと消えてしまいますが、

クリップボードユーティリティを使うと、複数個の文字や画像を保存しておくことができ、

電源を落としても消えません。特に面倒な操作は必要なく、

普通に「コピー」や「切り取り」を行えば、自動的に保存されます。

自分のメールアドレスなどを保存しておくと、入力フォームなどを埋めるときに

いちいち手入力する手間が省けるので、大変便利です。

クリップボードユーティリティのほとんどはPC立ち上げると同時に起動され、タスクトレイに常駐するタイプのソフトですが、

特にそのせいでPCの動作が遅くなるということもありません。

使い方次第で作業効率がグンとアップするはずです!!

そんな便利なソフトだったら高そうという不安もあるかもしれませんが、フリーソフトとしてダウンロードできますのでご安心を。

また、様々なものが配信されているので、いろいろと使い比べた上で、

どれにするのか決定されるのが良いかと思います。ぜひ一度お試しください。

ちなみに筆者が使用しているクリップボードユーティリティは

ToClip

というものです。このソフトは文字しか保存できませんが、デスックトップの四隅へカーソルを移動させると、

自動的にメニューが表示され、貼り付ける文字を簡単に変更することができるので便利です。

動作OSはWindowsXP、Me、2000、98、95、NTとなっていますが、7、Vistaでも正常に動作しました。

関連記事:

コメントは受け付けていません。