デッドタイム削減の大きな一助に SSD へ交換 その2 管理編

 

ハードディスク(以下HDD)をSSDへ換装させ、

PCの性能(スピード)が大きく向上しましたが、2010年6月現在では、

容量が少ない・性能が劣化する・そして寿命が突然尽きるという

大きデメリットを抱えています(突然寿命が尽きるというのはHDDも同じですが)。

 

INTELのサイトに詳しく載っていますが、要はWindowsでファイルを削除すると、

実質データが消えるわけではなく、「この領域は上書ししてもOK」という旗を立て、

そこにデータを上書きしていくという仕組みですが、SSDはこの旗を認識することが

できず、まっ更な土地にデータをどんどん書き込んでいく使用のため、次第に性能が

劣化します。

 

その劣化を最低限に抑えるため、以下の作業を実施します。

・デフラグの使用停止、スケジュール設定オフ
・システム復元停止、あるいは最大サイズを調整
・Windows Update の自動更新オフ
・ドライブ書込キャッシュ無効
・インデックス作成を無効に
・ページングファイルの移動
・「8.3形式ファイル名の自動生成」の無効
・「NTFSの最終アクセス日時の更新」の無効
・電源管理・休止を無効化
・マイドキュメント含むユーザーフォルダを別ドライブへ移動
・インターネットのキャッシュを別ドライブへ移動

ディスクアクセスが頻繁に起こる機能を無効に、そして

ディスクアクセスが頻繁に起こるデータを別ドライブのHDDへ移動します。

 

と、なかなか面倒ですが、末永く・安定して使うためには必要な措置と言えます。

 

ですが、それでも不要データはどんどん溜まっていくでしょう。

このSSD、サイズあたりの単価はまだまだ高いですが、

それでも、敢えて割高なインテルを選択したのは、

 

この不要データ蓄積を解消し、性能劣化を防ぐユーティリティ、

SSDマネジメントツールを公開していること、そして

あえてデメリットを自らが語り、わかりやすい日本語を用いて

理解してもらおうという姿勢があらわれていたからです。

 

ほぼ英語直訳オンリーの意味不明な日本語が並ぶ

インテル日本法人にしては非常に珍しく、SSDカテゴリーに

力を入れているということではないでしょうか。

 

SSDに興味のある方は一読ください。非常にわかりやすいです。

(今話題の SSD とは ? )

 

SSDマネジメントツール、「INTEL SSD ToolBox 」をインストールし、

capture_07062010_130822 

INTEL SSD Management Toolを選択し、RUN(実行)をクリック。

環境によりますが、約15分~40分で完了します。

capture_07062010_140955 

1週間に1回推奨とのことです。

関連記事:

コメントは受け付けていません。