ハードディスクの容量が足りなくなってしまった

 

Cドライブがいっぱいで、赤くなって頻繁に警告されるのでというリピータのお客様。

 

PCを起動してみると、こんな状況に。

n_01

 

このような場合の対処方法として主に2つの方法が挙げられます。

 

    1. データを外部記憶メディアに移動する

        CD-RやDVD-R等の記憶メディア、または外付けハードディスクドライブ等に移す

 

    2.Dドライブに個人データフォルダを移動する

        実際今回行った作業です。

        WindowsVista、Windows7のPCであれば大概これが有効です。

        今回、容量を多く占めていたマイピクチャ フォルダをDドライブに設定・

        現在のファイルをすべて移動します。

 

 

a

        これでCドライブに1/3ほどの余裕ができました。

 

お客様は今回の作業を意識することなく、いつもどおりの写真の取り込み方法で

Dドライブに保存されていくため、Cドライブを圧迫させることはありません。

 

関連記事

データ保存領域の境界線を引き直す

 

上記2つの方法に加えて、

「一時ファイル等の不要なデータやプログラムを削除する 」

という方法もありますが、昨今のPCでプログラムやWindows一時ファイルを削除しても

それほど容量を稼ぐことはできません。

どちらかというと、起動や動作を向上させる効果の方が大きいです。

またこの方法、コンパネのアプリの追加・削除や不要ファイル削除ソフト等を使用するのが

一般的ですが、この手の操作に慣れていない、またWindowsのフォルダ構造を理解せずに、

安易に行うとシステムが不安定になる可能性があり、リスクが大きい割に効果がそれほど

得られないので注意が必要です。

 

関連記事:

コメントは受け付けていません。