光コラボがスタートしています

 

モバイル回線高速化やスマートフォンに押され、契約数が伸び悩んでいます。そこで光回線の販路を広げて契約を拡大するべく、MVNO事業者に対して卸売する「光コラボレーションモデル」を発表しました。

 

 Clipboard

 

Docomoシェア挽回のため、Docomo回線とNTTブロードバンドとのセット契約による割引の実現

が大きな狙いではありますが、ユーザーにもメリットがあります。

 

従来の回線のままか、それとも変更するかの基準は要素は大きく分けて2つ。

“セット割”と“フレッツ光”です。

 

セット割

Docomoだけでなく、MVNOも今回の光サービス開始に合わせ、

モバイルとの同時契約による“セット割”を提供しています。

例えばNTTコミュニケーションズの「OCN 光」では、「OCNモバイル ONE」との同時契約によって、モバイル側が1回線当たり200円の割引。

また、「IIJmioひかり」の場合、「IIJmio高速モバイル/Dサービス」との同時契約により、月額600円割引。

 

フレッツ光

既にフレッツ光を契約しているのであれば、現在の機器をそのまま用いた転用ができます。フレッツウイルスクリアは転用NGとのこと。

関連記事:

コメントは受け付けていません。