携帯をスマートフォンに変えて2週間

携帯電話をスマートフォンに変えてから2週間が経ちました。

 

端末はNec製で、キャリアはDocomo。

 

RIMG0005

 

スマートフォン使用の感想は、

 

①予想以上に難しい。とにかく操作して慣れることが必要

②積極的にアプリを入れて試行錯誤しないと便利に使えない

③電話機能にやや不満

④常にバッテリーの持ちを意識しなければならない

です。

 

それぞれの項目に関しては、また別の機会にお話したいと思います。

 

慣れないタッチパネル操作にストレスを重ねながら、搭載されている機能を一通り試し、レビューサイト・Twitter等で挙がっているアプリを100個ほどインストールし、カスタマイズを重ねた結果が、以下の画面です。

 

a-1
device
a-2

左スクリーン

各社ニュースサイトのウィジェットとアプリを配置

ホーム画面

メール、カメラ、電話帳、設定即時変更等、よく使うアプリを配置。

右スクリーン

エクスプローラー、QRコードリーダー、電卓等のユーティリティツールを配置

・・・

ゴチャゴチャにアプリが詰まっていて、攻めあぐねている様子が伺えます。

ランチャー、タスクマネージャー、アドレス帳、入力方式、スマートフォン設定、受話機能、

はすべて外部アプリに変更しました。

 

例えば、着信。Mediasは、ロックの解除と同じ方式でスイッチをトグルし、緑の受話器までドラッグし、初めて電話を受けることができます。

個人差はあると思いますが、ちょっと面倒に感じます。

特に、車内での着信・急いでいるときの着信時に、これはストレスです。場合によっては間に合わない場合があるかも知れません。

 

着信があると、こんな画面に。

chakusin_be

画面上のボタンを、緑受話器へトグルして、着信ができる。

 

ということで、EasyAnswerというアプリをインストール。

chaku-after

これでタップ1回で電話に出ることができます。

関連記事:

コメントは受け付けていません。