PLCアダプター

インターネットに接続できないとのお問合せがありサポートに伺いました。

伺ってみるとADSLモデムが1階、パソコンが2階にありPLC
アダプターを利用してホームネットワークが構築されていました。

PLC(Power Line Communication:高速電力線通信:以下PLC)とは、
従来まで電気を送るだけだった家庭内の電気配線(電力線)を
LANケーブルがわりに使って、ネットワークを実現する通信方式です。
その際電源コンセントを介して電力線に通信信号を出し入れするための
アダプターがPLCアダプターです。

症状を確認したところPLCアダプターのリンクランプが消灯して
いましたので設定がうまくされていないかと思い、子機を親機のある
部屋へ持って行き再設定。
ランプも正常に点灯したのでこれで大丈夫かと思い、再度設置されて
いた場所に戻してみると、またランプが点灯しませんでした。

そこでコンセントのさす場所を変えてみたところPLCランプが正常に
点灯しました。
今回の場合、コンセントのさす場所によって接続出来るコンセントと
出来ないコンセントがあったようで、配電盤が問題のようです。

また、PLCアダプターは雷防止の付いたタップを使うと接続できない
との注意書きがあります。パソコンの周辺はコンセントがたくさん必要
ですし、雷でパソコンがダウンしたら困るので、雷サージがついている
タップを使うのが一般的です。

今回のお客様はPLCアダプターの利用を止め、無線ルータ利用して
インターネットに接続することになりました。

ホームネットワークを構築する際には、機器購入の前に是非ご相談下さい。

関連記事:

コメントは受け付けていません。