SONY VAIO 古い機種の マザーボード交換 を コストを抑えて

 

Windows XPのちょっと古い機種です。とある日にうんともすんとも言わなくなってしまったとのこと。

外観は非常に綺麗で大切につかっていることがわかります。

2013-03-11 10.50.25

マシンを預かり、検証したところ、マザーボード(ベースとなる基盤)の交換が必要とわかりましたが、普通にメーカーにおくると4~5万かかる高価な作業になるため、中古を利用することにしました。

2013-03-11 11.05.51

ヤフオクで購入した全く同じ機種。 (右)

2013-03-11 11.07.58

同じ白でもヤニで茶色くなってます。

2013-03-11 11.33.40

早速バラして、マザーボードにアクセスを試みます。

2013-03-11 12.46.18

ソニー特有の妙なCADデザインにより、ほぼ全てのパーツ、ケーブルを取り外すことに・・・。予想以上に大掛かりな事になってきて心が折れそうになります。

2013-03-11 16.04.05

取り出したマザーボード。

2013-03-11 14.06.14

PCに組み込みます。その後、はずしたケーブル、パーツを元通りに組み込みます。

2013-03-11 14.11.06 

CPUの付け直し。

2013-03-11 14.53.58

すべて組み上げる前に、起動するか試します。心が戻りました。

2013-03-11 15.19.49

不要なアナログTVチューナーPCIカードを外し、リソースを稼ぎます。

中古PCのフタを流用します。素晴らしい。

2013-03-11 16.03.40

完全に組み上げてもう一度起動させてみます。立ち上がりました。

 

中古パーツの利用はメーカーサポート修理では有り得ません。どんなに古い機種であっても、価格は初期設定のまま下がることはありませんし、5年経つと修理できませんと断られるケースも珍しくありません。

小さく小回りの利く会社だからできる方法です。

あきらめずにお電話いただいたお客様に感謝です。

関連記事:

コメントは受け付けていません。